コーヒー豆の種類

  • アラビカ種
  • ロブスタ種
  • リベリカ種
  • ティピカ種
  • ケント種
  • マラゴジペ種
  • ブルボン種
  • アマレロ種

コーヒー・カフェで人気の職種とは?資格が必要かどうかを知ろう

コーヒー

カフェスタッフ

コーヒーに携わる仕事は、いくつか挙げられます。学生・主婦のアルバイトから、社員登用まで様々な働き方があるカフェスタッフは、コーヒーに関わる仕事の中でも最もハードルは低いです。カフェスタッフと一口にいっても、同じ仕事内容とは限りません。例えば、極端な話ですが、ホール担当や料理担当とで仕事内容は全く変わってきます。それと同じように、カフェ内でもバリスタ、接客など仕事内容は違います。その為、カフェで働く際には、どの職種に就きたいのかを明確にする必要があるでしょう。

バリスタ

カフェ・コーヒーの専門学校を卒業した後に、多くの方が目指す人気の職業がバリスタです。バリスタとは、コーヒーの知識に幅広く熟知しており、バールやカフェ、レストランに来店されたお客様に対して、美味しいコーヒーを提供するスペシャリストのことをいいます。バリスタとして働くには、コーヒーの知識は当然のこと、ライセンスや資格に合格する必要があります。

コーヒーを扱うメーカー・商社

コーヒーに携わる仕事といえば、コーヒーを商品化し、販売しているメーカーや商社で働くということも選択肢の1つです。日本においても、大手のコーヒーメーカー・商社がいくつかあり、カフェ・コーヒー専門学校を卒業後にそういった大手メーカーや商社で働くというケースもあります。商品開発やバイヤーに興味があるという方なら、メーカーや商社で働いた方が活躍できる幅が広いかもしれませんね。

カフェ・喫茶店のライター

街のフリーペーパーや飲食店経営者向けの雑誌、もしくはインターネットサイトでカフェ・喫茶店の情報を書いて大衆に伝えるといった、いわゆるライターのお仕事も最近では増えつつあります。ライターのお仕事は、その店舗の魅力やコーヒーの味など、読む人のことを考えてライティングすることが大まかな仕事内容になります。一見、資格の有無は関係ないように見えますが、資格を持っていることで情報の信頼性を確保することができ、読み手に安心感を与えます。よって、ライターでも資格を持っている人の方が有利と言えるでしょう。

[PR]
ファッションの専門学校に通う
基礎をしっかり勉強できる!

専門学校で学ぼう

コーヒーの資格やコーヒーに携わる仕事に興味がある方は、専門学校への入学も視野に入れておきましょう。専門学校は資格取得できるだけでなく、将来的なビジョンに合わせた職業プランを練ることが可能です。特に、未経験者なら現場で働くよりも専門学校で一度コーヒーについて本格的に学ぶことをオススメします。

[PR]
メイクの資格が取れる学校☆
夢を叶えるスキルを身に付けよう

[PR]
コーヒーの資格を取得
色々な知識が学べる

[PR]
ネイルの専門学校に通う
応募内容を事前にチェック

広告募集中