コーヒーの資格にも種類がある!バリスタとして働きたい方は必見

コーヒーの資格にも種類がある!バリスタとして働きたい方は必見

豆

コーヒーインストラクター検定

コーヒー関係の資格にはいくつか種類があります。コーヒーインストラクター検定は、全日本コーヒー商工組合連合会が認定している資格取得で、1級・2級があります。検定試験の内容としては、基礎的なコーヒーの知識と鑑定技術を出題されることが多く、コーヒーの対面販売に従事される方向けの資格と言えるでしょう。また、この資格を取得しておけば、コーヒー鑑定士を目指すことが可能です。

コーヒー

JBA認定バリスタライセンス

JBA認定バリスタライセンスは日本バリスタ協会が認定する資格で、国家資格ではないものの、バリスタを目指す方には必須といっても過言ではない資格です。JBA認定バリスタライセンスにはレベル1からレベル3まであり、レベル1を取得したともなれば、バリスタとして一流だと言えるでしょう。これらの資格を取得するためには、やはり専門学校で集中的に学ぶことがベストだと言えます。

独学と専門学校のメリット

独学のメリット

独学では参考書を購入するにしても、学校で学ぶよりは遥かに安いコストで済みます。また、学校とは違ってカリキュラムが固定されていないため、勉強内容や時間を自身で自由に決めることが可能です。

専門学校のメリット

一方、専門学校は費用はかかってしまいますが、その代わりに現役で活躍しているようなプロの講師から知識や技術を学ぶことができます。また、専門学校では学習カリキュラムに応じて必要な機材や道具を揃えており、より実践的な授業が期待できます。

広告募集中